記事の詳細

【菊池一広の考える投資コンサルティング】
菊池一広は時代が貯蓄から投資に変わったと考えている。
時代の変化に伴ってお客様へ提案する内容も変わっていき、貯蓄する事で可能な資産の運用から投資をし、資産が育つ資産運用へと変化してきた。
その時代に合った資産運用の提案をするなかで、常に菊池一広はお客様との対面対応にこだわり、お客様一人一人の考えや将来のイメージ・価値観などを少しずつ聞きながら最適な投資プランや戦略を練り、満足してもらえる資産運用の提案方法とはどんなものなのか、信頼関係を築き育てて行く事が大切だと思い、これまで多くのお客様へ真摯に取り組んできた。
お客様との信頼関係を築き価値観をしっかりと把握する事ができれば、お客様にとって必要な資産運用の形やお客様が気づいていない本当のニーズが見え、本当に喜んでいただけるコンサルティングを行える様になります。
このお客様との信頼関係を築く為にも、Face to Faceのコンサルティングが必要だと菊池一広は考え徹底している。

【提唱するコンサルティング体制】
菊池一広はお客様の要望に応えるには最適なコンサルタントが必要だと体感し、社内の営業員にはファイナンシャル・プランナーの資格取得を厳格に義務付けています。
さらに、様々な集合研修や学習補助制度を通じて最新の知識を余すことなく習得し、金融商品だけに限らず金融・経済・税務に関わるあらゆる情報や知識を用いて、お客様へ最善のご提案をする体制を整え極東証券のサービスを充実させてきました。
これらの知識を総動員し最新の提案が出来るコンサルティング体制こそが、菊池一広が必要とし求めてきた体制です。
言い換えれば、お客様からの要望とあらば税理士や弁護士との顧問契約まで締結し、お客様のニーズに十二分に応えられるよう体制の強化まで行って、はじめてコンサルティングと言えるでしょう。

【極東証券の投資に関するサポート】
菊池一広が代表を務める極東証券は、コンサルティング体制を整えることは当たり前です。
お客様が必要とすることに対しては、全てにおいてサポートする事が責務であり、Face to Faceの形式を用いているからこそ出来る最高のコンサルティングだと考えています。
この思想は創業以来培われてきた経験によるものと、創業時から経営の基本理念とし本当のコンサルティングを追求してきた結果だといえます。
このFace to Faceのコンサルティング体制を極東証券は自社のスタイルとし、今も貫き通している企業です。

極東証券株式会社
http://www.kyokuto-sec.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る