記事の詳細

井上常明という人物がいます。彼は、現在起業をし、カフェを経営しています。そんな井上常明ですが大学生の時から旅行が大好きで、国内旅行はほとんどの場所に行っています。国内旅行の次はやはり世界旅行になるのですが、井上常明は世界一周をすることが夢でした。

そして、そのために彼は会社で一生懸命働いて資金を必死で調達しました。国内旅行でなく海外旅行へ行くとなると、それなりの費用がかかるのですが、世界一周となるとそれ以上に費用がかかるものです。会社で働いて世界一周が出来るだけの資金を貯めた後は、バックパッカーになっています。この、バックパッカーとは何なのかと言いますと、海外旅行を低い予算で行う人のことです。格安で旅行をするというのは、費用をかけずに様々な国を訪問できお得であるとも取れますが、個人ですから危険な目にあったときなどの責任は全て自分で負うことになりますので、一概には良いとも言い切れません。そういったメリット・デメリットをすべて考慮したうえで、井上常明はバックパッカーになっているのです。

井上常明は、海外制覇を目標としており、トルコのギョレメ国立公園にも行っています。昔からの地形をそのまま利用して建物が作られており、そこを見学し、さらには宿泊することもできます。しかも、教会や住居、それに博物館などは現在も利用されているというのです。井上常明は、こうした素晴らしい場所に行くことを何よりの喜びとしていました。岩で作られたホテルに宿泊する経験はなかなかありませんから、宿泊するだけの価値は十分にあるのです。

井上常明は、こうした素晴らしい場所をメインにして世界一周を約1年堪能し帰国しており、その旅行の中から得た経験を基に起業をしています。起業したのは、多国籍カフェなのですが、多くの国の人たちで賑わっています。これが海外の経験を経て新たにやりたいと思ったことであることは間違いありません。

井上常明は、この1年間の海外旅行が最終的には自分のキャリアアップになったという流れを本にしないかと誘われているようです。実際、自分がやりたいと思ったことを貫いた結果なのですが、こうした経験を経て成功したことはやはり貴重であると言うことでしょう。今後も井上常明は、やりたいことをやりたいように行うことによって何か新しいことを成し遂げてくれることでしょう。どのようなことをやってくれるかはわからないですが、やはりいやが応にも期待は大きいですね。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る