記事の詳細

友人の八木雄一と一緒にドライブに出かけてきました。私と彼はもうかれこれ高校生のころからの親友で、高校生のころはよく一緒にバイクでツーリングにも出かけていましたね。二人とも高校を卒業すると同時に就職したので最初のうちはなかなか遊ぶ時間もなかったのですが、お互い社会人生活をそこそこ長く続けているうちに時間もとれるようになってきました。今回は時間の都合もついたので二人でドライブに出かけよう、ということで遠出してみたんです。私も運転するのが大好きなんですが、八木雄一も好きですから時々運転を交代してはドライブを続けていました。

八木雄一と初めて出会ったのは高校生のころです。入学式のときはまったく気づかなかったし、同じクラスになったときもそれほど目立つ存在ではなかったので大して気にも留めていませんでした。でも、あるとき私が体調を悪くしたときに彼が真っ先に私に気付いてくれて、そのまま保健室まで一緒についてきてくれたんです。そういうタイプの子だと思わなかったので驚いたのと、なんて優しいんだろうと思いましたね。それから一気に仲がよくなった気がします。二人とも原付の免許がとれるようになると一緒に取得しにいって、アルバイトして貯めたお金でバイクを買ったときは二人でツーリングに出かけました。

私ははじめスクータータイプの原付にしようかなって思っていたんですが、八木雄一がツーリングしたり峠を走るならスポーツタイプがいいんじゃないかって言ったのでそうしました。彼も同じようなバイクを購入し、高校時代はずっと二人でバイクをいじって遊んでいましたね。よく近所の峠にも顔を出しましたし、いろんな場所に行ったと思います。バイクに乗り始めると行動範囲がめちゃくちゃ広がったのを覚えていますね。今までなかなか行けなかったところでも簡単に行けるようになるのはうれしいですよね。高校を卒業したら今度は自然と二人とも車にのめり込んでいきました。

車は最初からスポーツカーが欲しいって決めていたので特に迷うことはなかったですね。新社会人だったのでそんなにお金もなかったし、ローンを組むのもイヤだったので私は中古車を購入することにしたんです。八木雄一は、いずれ自動車を買うと決めていたようでアルバイトのお金をずっと貯めていたと言っていました。高校生のころからそんな計画性を持っているのって凄いですよね。私とはまるで性格が違うなって思いました。でも、何故か彼も私と同じように中古でスポーツカーを買ったんですよね。

車に乗り始めたころはとにかくどこに行くのも楽しかったですね。それに、天候をあまり気にしなくていいようになったのもうれしかったです。バイクって風を切って走るから気持ちいいんですが、どうしても雨が降ると憂鬱になってしまいますから。その点車は本当にいいなって思いました。雨が降っても平気だし転倒するようなこともありませんからね。八木雄一も同じようなこと言っていましたけど。二人で車に乗って県外の峠とかにも行きましたし、高速道路をひたすら走ってツーリングもしていました。

一時期二人でサーキットの走行会にもはまっていたことがあります。もともとレースやジムカーナといったスポーツ走行にも興味があったので、いつかサーキット走ってみたいなって思っていたんです。八木雄一も同じようなことを考えていたみたいなんで、地元のチューニングショップの社長に紹介してもらって走行会に参加していました。ほんと、サーキットって楽しいんですよね。いろいろな車が走りに来ているし、思いっきりスピードを出しても捕まることがないので気持ちイイです。しばらくはサーキットの走行会に通い詰めていました。

最近はもっぱらのんびりとツーリング派ですね。しかも、昔は二人とも出かけるとなればお互いの愛車で出かけたものですが、最近ではどちらか一人の車に同乗していくようになりました。変われば変わるものですよね。八木雄一は最近結婚のことも考えているみたいで、その資金を貯めたいからとも言っていました。付き合っている彼女がそろそろ結婚したいと言っているので、結婚資金を貯めるために遊びをちょっと我慢するって言っていました。そんなことがさらっとできるのも彼のすごいところだと思います。私だとどうしても遊びのほうをとってしまいそうですから。

結局今回のツーリングも相当な遠出になってしまいました。以前ならそのまま泊りがけで夜通し遊ぶということもしていましたが、私にもお付き合いしている彼女がいるし、八木雄一にも結婚を考えている彼女がいるので最近は泊りがけは止めています。いつか彼が結婚して、私も結婚することがあれば四人でツーリングに出かけるのもいいですね。彼ならきっとそうしたいと言うはずです。いつかそんな日がくるといいなと本気で考えています。なにはともあれ、今回のツーリングもとても楽しかったです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る