記事の詳細

how to本とは何かの作業方法や手順が書かれた本のことです。例えば犬の飼い方や老後の充実した過ごし方などです。人には何らかしらの悩みがあります。一人暮らしを充実させるにはどのように過ごせばいいのかと悩んでいたら、そのような過ごし方を教えてくれるのがhow to本です。how to本を読めば知識が向上します。学校では教えてもらえないこともhow to本から学ぶことができるのです。その魅力に取り憑かれたのが小林朋継さんです。

小林朋継はhow to本をとても多く読んでいます。小林朋継のお気に入りのhow to本はどうすれば老後を充実した生活にできるのかが書かれた本です。小林さんはラーメンを食べ歩くことが好きで趣味にしていますが、老後はいつまでも簡単に外を歩くことができるとは限らないですし、ラーメンも胃には負担がかかるのではないかと小林さんは考えています。そこで、老後をどのように過ごせば楽しい生活を送れるのかということにとても興味を持っています。小林さんは農業を始める事も考えたそうです。老後、野菜を育てて自分の育てた野菜を食べてみたいと思ったそうですが、これは現実的ではないとも思ったそうです。なぜなら都内に住んでいて、畑を簡単に借りたり作ったりすることが難しいからです。都内の土地はとても高いのでそのような高額なお金を支払うことができないそうです。庭に畑を作ることも考えましたが、盆栽などがおいてあるので、それを片付けて一から土地を耕すのは非常に労力がいることだと思い、農業を始める事は諦めたそうです。

他にも小林朋継はペットを買って老後を充実させようとも考えました。しかし、これも二日間考えて止めてしまいました。その理由は3つあり、第一の理由はもしペットが自分よりも長生きしてしまったらペットが可哀想だからです。子供は一緒に住んでおらず、妻はいるのですが小林朋継と同じ年なので妻もいつ死ぬかわからないからということでした。第二の理由はペットが充実した生活を送れないかもしれないということです。犬なら散歩をして遊んでやらなければなりませんが、年老いてから犬と一緒に散歩するのは難しいからです。第三の理由はかさむ食事代です。すでに池に鯉を飼っているのでそのエサ代も年間で5万円ぐらいはかかってしまいます。さらにペットを飼うことになるとエサ代はとても高額になってしまうからです。

小林朋継は老後の充実した過ごし方をhow to本から学んでいます。どうやったら充実した老後生活を送ることができるのかを日々考えています。how to本から知識を得て、小林朋継はきっと充実した老後生活を送ることができるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る