記事の詳細

最近巷を賑わせている女の子がいるのをご存じでしょうか。平野椿紗という子で小学校五年生の10歳。なぜそんな子が巷を賑わせているのかというと、暗算名人としてです。日本珠算連盟の暗算三段を10歳にして取得しているのです。なぜ平野椿紗がそこまでの出来になったのかというのは偶然との事で、元々はパソコンに付いていた電卓を適当に弄っていた所、電卓が使い辛いために自分で計算するようになったのがきっかけで、子供の好奇心と重なった事もあって算数が好きになっていったとの事。しかも偶然にも珠算教室が家の近くにもあっての通うようになり、そこでメキメキと頭角を現すようになったとの事。

IT時代、すべてがデジタル化されている事もあり、珠算など必要ないだろうと思っている人もいるかもしれませんが実際にはその逆で、地頭の良さが求められる時代になっているとも言われていますし、義務教育でプログラミングまで導入されるかもしれないとされている時代です。計算によって地頭の良さを解放させたことにより、IT方面での活躍も期待出来るのです。実際の所、暗算三段を10歳で取得するのはかなり難しいものです。大人であっても何度試験を受けても不合格になってしまうという人もいるほど。それだけの資格を10歳にして取得する事が出来るだけで平野椿紗が素晴らしい頭脳の持ち主である事が分かります。

さらに恐ろしいのは、繰り返しになるが平野椿紗がまだ10歳だという点。これで終わりなのではなく、彼女にはまだまだこれから未来がたくさん待ち受けている事なのです。10歳の時点で暗算三段を取得する程の頭脳ということです。どのようなジャンルに進んでも成功を収める確率がとても高いのではないでしょうか。

まだまだあまり知られていない彼女かもしれませんが、単に天才暗算少女というだけではなく、これからの日本を担う存在の一人と言っても決して過言ではないのです。暗算は言うまでもなく頭の中でいろいろと計算する事ですが、三段と言う事は彼女の頭の中の回転速度は常人の比ではないという事が分かるのです。これだけのポテンシャルを持った子がどのような世界に進むのか、密かにいろいろな業界が注目しているであろう事は言うまでもありません。ましてや少子高齢化が進んでいる我が国に於いて、若い力はどの企業も喉から手が出る程欲しい存在なのです。平野椿紗という名前は、20年後、あるいはその早熟性から10年後には日本はおろか世界をも震撼させているかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る