記事の詳細

柯 康仙は週末になると友人とフットサルをしているのですが、そのフットサルの魅力とはどのようなものなのでしょうか。柯 康仙はもともとサッカーを経験していたのですが、どうやらサッカーとフットサルでは体の使い方や使う戦術などは異なるようです。そのため、フットサル独自の技術が身につくまで柯 康仙は、なかなかフットサルを楽しむことができなかったようです。しかし現在では実際の試合の中でも活躍しており、良いリフレッシュ方法になっています。

フットサルは基本的にはサッカーと同じなのですが、ルールなどが細かく異なります。見て分かりやすいのはコートの大きさです。サッカーでは長さが105m、幅が68mのコートを使います。それに対しフットサルでは長さ40m、幅が20mのコートを使用します。単純に半分以下のコートとなるため、攻守の交代が激しくなり、シュートまでの回数も必然的に多くなります。そのためエキサイティングなゲーム展開になりやすく、観戦していても楽しいスポーツです。海外でも人気のスポーツであり、ブラジルやスペイン、オランダ、ドイツなどではプロリーグもあるほどです。

コートが狭いため、人数もサッカーより少なく、キーパーを含めて5人です。実際に攻撃に参加する人数は4人なのでパスがしやすいと思われる方もいると思いますが、コートが狭いkとによって常にパスコースを探しながらプレイしなければなりません。また、相手がプレスをかけてきたときにボールを維持するボールコントロール力が重要になります。フットサルではマンツーマンディフェンスをすることがあります。これはバスケットバールでもある戦術なのですが、一人ひとりが自分が決めた相手(マーク)に対してディフェンスをするものです。先ほど紹介したようにフットサルではパスコースやチャンスを見つけるため、オフェンスはスペースに対して動くことが多く、そこに対応していく戦術です。自分のマークがボールを持っているときは、相手に抜かれないことが最優先になります。これは自分が抜かれてしまうと、他のディフェンスはそれぞれのマークをしているため、カバーができずキーパーと一対一の状況になってしまうためです。そのため、各自が集中してディフェンスをすることが重要になります。ここだけ見るとメリットがないと思うかもしれませんが、パスコースを常に塞ぐことが可能であり、パスカットの確率も高くなります。また、パスカットからのカウンターにもスムーズに移行できる戦術なのです。

柯 康仙はこうしたフットサル独自の戦術に最初の頃は慣れていませんでしたが、試合を重ねる中で徐々に身についていきました。今では一対一の場面で、相手を抜く技術も柯 康仙は身につけています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る