記事の詳細

「バス釣りhacker〜課長・矢口敏和が教える河口湖バスフィッシング攻略〜」というYouTubeチャンネルをご存じでしょうか。最近、さまざまなYouTubeチャンネルが登場していますが、バスフィッシング業界では、こちらのチャンネルの右に出るものはいないと思います。今回は、こちらのチャンネルの魅力と、動画の投稿者のプロフィールを見てみましょう。

バスフィッシング専門のYouTubeチャンネル
このチャンネルはハイプレッシャーレイクに変貌する週末の河口湖で、初心者がいかにして大物をゲットするかに特化したYouTubeチャンネルです。バス釣りの醍醐味を、動画の投稿者である矢口敏和さんが、優しく、楽しく解説してくれることから人気を博しています。初心者の方でも「もしかしたら大物が釣れるかも?」と思わせてくれる点で、釣り動画に興味がある人も楽しめます。

2016年3月現在、動画の視聴回数は合計300万回以上を達成しました。視聴者は大多数がバスフィッシャーですが、「30代をよりよく生きたい」と考えている20代後半から30代の男性にもヒットしているようです。これは、動画投稿者の矢口さんが1児の父であり、仕事にも成功し、バスフィッシャーとしても人生を謳歌している30代中盤男性だからと考えられます。等身大の30代の姿に共感する人は多いです。

入賞経験多数の天才バスフィッシャー
バスフィッシング専門チャンネルの投稿者である矢口敏和さんは、バスフィッシングの入賞経験が多数あります。じつは、子供の頃から父親といっしょにバスフィッシングに出向く機会が多く、自然とバスフィッシングの世界にのめり込んでいたとのことです。

社会人になって以降もバスフィッシングの大会ではしばしば好成績を収め、この世界では非常に高い知名度を獲得しました。自身の釣り動画を公開するようになって以降、さらに多くのファンを獲得し続け、現在はチャンネル登録者数10,000人以上を突破しています。釣り人口全体で700万人強と言われていますから、十分に多い数値ではないでしょうか。

釣り人口の減少が懸念される時代、「バス釣りhacker〜課長・矢口敏和が教える河口湖バスフィッシング攻略〜」は、ある意味では救世主的な存在になるかもしれません。バスフィッシングに興味がなかった人も動画を視聴した結果、大物を釣りに河口湖まで出掛けたくなるような動画です。ぜひとも視聴してみましょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る