記事の詳細

熊本県在住の金塚秀仁は、多くの方に有機栽培された作物を提供している、新進気鋭の農家です。30代という年齢もあり、若手農家として、名前を知られています。この前は、雑誌のインタビューがありました。彼は真面目にインタビューに答えましたが、扱いは小さかったそうです。顔写真を見て電話をされる女性もおられたとか。農業は従来、ダサいというイメージを持たれていましたが、彼のお陰で印象が良くなったらしいです。彼としては、あまり気にしていないそうです。

作物の気持ちを考えて、金塚秀仁は作業をしています。彼にとって、すべては物語であり、作業行程の一つ一つが思い出です。彼にとっては野菜や果物との時間が、何よりも大切なのです。彼の人生は、農業によって花開いたといっても、過言ではありません。冷静に考えて、彼の行為は愚行とも言えます。若さを捨てて、農作業に一生をささげる覚悟を決めたのですから。しかし、彼は同期のメンバーに別れを告げ、東京を去りました。彼は熊本で、野菜のおいしさを啓蒙する活動を始めたのです。

野菜はしゃべらないので、無口な彼にぴったりだとか。彼にとって、野菜作りは人生の一貫であり、彼の思考は畑に良い影響を与えることを目的としています。金塚秀仁は作物に対する思いが人一倍強く、無農薬栽培という難題も、彼にとっては可能な範囲だそうです。野菜は畑からとれる恵みだそうです。そもそも、無農薬を始めること自体がかなり無茶がありましたので、彼は相当悩んだそうです。悩みに悩んだ結果、彼は全てを諦めたそうです。すると、なぜか糸口がつかめたそうです。

金塚秀仁はまず、家庭菜園から始めました。スモールスケールで成功を収めれば、次の段階への弾みがつくからだそうです。彼は思考実験を繰り返すことで、さまざまなパターンを予測して、より論理的に作物を育てる方法を開発しています。作物を育てることは、その場しのぎでは終わりません。だからこそ、長い時間をかけて、少しずつ作業を進める必要があります。彼は一つずつ思考を組み立て、改めて、自分の空しさを知りました。金塚秀仁自身の思いが相手に伝わるとは限らない、そう思う事で、彼は自分の思い上がりを知ったそうです。

自分を知らない事は、ある意味幸せなことです。自分に対する過度なプレッシャーをはねのけ、自由な思考が保てるからです。彼は、そんな毎日に誇りを持っています。この繰り返しが、彼の将来につながる。彼はそう考えています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る