記事の詳細

日栄動力工業は、発電用タービンの据え付け工事およびメンテナンスを行なう企業です。発電用タービンには、発電事業に用いる水力発電用、火力発電用、原子力発電用などがあり、これらより小規模となる自家発電用のものもあります。また、これらの関連として、給水ポンプ、回転機、復水器、給排気ファン、バイオマス関連施設、石油化学プラント関連施設などの機械据え付け施工や点検整備も行っています。
日栄動力工業は、発電所を中核とする施設の機械据え付けおよびこれら機器の点検整備を行なうタービン関連の施工技術者集団です。発電用タービンは、耐久性や効率性や精密性さらには低コストなど、高度な技術が要求される機械であり、世界と競合する最先端を争う機械でもあり、その施工や点検は、高度な技能や熟練が要求されます。発電の重要性は、今さら説明するまでもありませんが、これから先の未来においても、その重要性が失われることはないでしょう。電力は国家の礎であり産業の必需品であり、電力なくして文化的生活はあり得ません。その意味で、発電用タービンの施工や点検を行なう日栄動力工業の果たす役割は、大きく重いものがあり、今後もその傾向が維持されることは間違いないでしよう。

日栄動力工業では、社員の能力向上を目指し、社内教育に力を注いでいます。発電用タービンを中心とする精密機械の据え付け工事では、専門知識や専門技能が欠かせないものとなります。国家資格を必要とする職種も多く、高度な専門性が要求されます。そのため日栄動力工業では、建設機械の操作、特殊作業車の運転、危険物の取り扱い資格取得、高圧電気取り扱い資格、その他、多種多様な専門知識や専門技能を習得するための専門教育が行われます。また、業務上必要となる国家資格を取得するための費用負担制度や報奨金制度もあります。
日栄動力工業は、タービンを初めとする機械類の据え付け施工および点検を業務としているため、人材こそが会社の資源であり、社員の能力こそが企業力であり、社員の能力向上こそが企業の発展につながると考え、人材育成に力を注いでいます。専門業務に直結する専門知識や専門技能の教育だけでなく、監督者教育や作業所長教育などの管理者教育にも目を向け、各階層における能力向上を会社一丸となって取り組んでもいます。それが、施工および点検を業務とする企業が社会的に信用を得るための王道であり、企業と社員とが共に未来を切り開く唯一の道であると考えます。

日栄動力工業株式会社
http://nichieidouryoku.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る