記事の詳細

春次賢太郎は、日本絵画を調べて行く上で、いくつかの定義があるのを発見しました。これまで日本画という言い方が始まったのは明治時代以降になります。明治時代には文明開化が行われて以降、急激に西洋文化が日本に輸入されてきて、文化もこれまでの物と、文明開化以降では大きく変化する事になります。その為、日本画という言葉は元々、西洋画を描かれるために利用されてきた油彩画などと区別されるために生み出された言葉という事になります。

当時は日本画と西洋画の違いは手法もそうですが、使用されていた書く為の素材の違いによって分類されるようになりました。しかし明治時代に日本画という言葉が生まれた当時から、日本人が描くものは、描く手法、使用する素材の違いは関係なく日本画と呼ぶような風潮はありました。しかし、現在では、描くために使用する素材の違いで西洋画と日本画で分けていますが、春次賢太郎は日本人が描いた物は日本画という定義が正しいと判断している為、日本人が描いた油彩画についても知識が深くなっています。

しかし、春次賢太郎がもっとも愛しているのが、明治20年代から30年代に日本画という名称が定着してきた以前の伝統絵画だったやまと絵や、狩野派、円山、四条派に分かれていた時代の日本画の知識が深くなっています。日本画のターニングポイントは、明治20年に創立された東京美術学校です。東京美術学校が出来た事に合わせて美術団体が生まれた為、これまで行われなかった美術展覧会が頻繁に開かれるようになりました。美術展覧会を通して、これまで独自の路線を貫いてきた各流派や、個人作家の人の作品が互いに影響し合う事で、次々と名作が生まれて行きました。

各流派が混合したりなど良い影響を互いに与えた事と、当時次々と日本に入ってきた西洋画の影響を十分に受けながら、それまでの物とは全く違った日本画が形成されました。新しい文化と交わる事で、更なる高みに到達した日本画は、日本国内だけでなく、海外からの評価も高い文化になりました。春次賢太郎はこの前後の時代がとても好きで、これまでの日本画の伝統を守る力と、新しい文化を生み出そうとする力が合わさった明治20年以降の日本絵画の世界がとても好きで、高校時代の春次賢太郎を日本絵画に興味を持ち、その情熱は50歳を超えた今でも続いています。その為、春次賢太郎が運営するホームページでは、その時代の情報が特に色濃く反映しています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る