記事の詳細

競馬専門紙やスポーツ紙に掲載されている厩舎コメント。このコメントはトラックマンと呼ばれる記者の取材によって記事となっています。厩舎の外の人間からの質問を受けて答えるのですから、中には「本当のことは言えない」などというケースもある筈です。競馬場に行くとレースの合間に、騎手に前のレースで騎乗した馬について取材をしている記者の姿を見かけます。これなども同様のケースでしょう。敗因について、安易に口にはできない話もある筈です。こうしたコメントは馬券を買うファンだけではなく、その馬のオーナーも見ているのです。そのコメント次第では、トラブルに発展する可能性もあるだけに、慎重なモノの言い方になるのはやむを得ません。

そんな厩舎コメントの裏側を鋭く突いたWebサイトがあります。そのサイトの名前は「シンクタンク」。このサイトで提供される情報は、競馬専門紙やスポーツ紙に掲載されているものとはどこが違うのか?それは話を聞いている人物の名前を見ればすぐにわかるのではないでしょうか。

増沢末夫元調教師、境征勝元調教師、平井雄二元調教師、中野渡清一元調教師、そして安田富男元騎手。いずれも競馬界に大きな功績を残し、多くの競馬関係者に慕われてきた人たちばかりです。馬券を買うことができるようになった彼らに対し、「かつてお世話になった分、いい思いをしてもらいたい」とか、「あの人に対して、競馬で嘘は言えない」などと、厩舎関係者が競馬専門紙かスポーツ紙のトラックマンとは違う感情を持つのは当然です。

もちろん、「馬を見る目」が人一倍優れている人たちです。嘘をついても、その嘘を見抜く力も持っています。だからこそ、トラックマン達にはごまかすことができても、こうした人たちに対してはそのごまかしが通用しないという一面もあるでしょう。だから「シンクタンク」の独自情報は多くの競馬ファンから支持を集める結果となっているのです。

「シンクタンク」ではこうした情報の多くを無料で見ることができます。いずれも勝ち組になりたければ、見ておくべき情報ばかりです。まだ競馬専門紙やスポーツ紙の情報だけで馬券を購入するのですか?馬券で勝ちたい気持ちがある、賢い競馬ファンは既に「シンクタンク」の情報も参考にしていることをお忘れなく。今すぐ、「シンクタンク」「THINK TANK」で検索してみましょう。「目からうろこ」な情報の数々にきっと驚くことでしょう。

シンクタンク
http://www.t-tank.net/login/index.html

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る