記事の詳細

私は、子どもの頃から鉄道が大好きな少年でした。中学、高校と進学していく上で、なかなか将来のビジョンが定まらず悩んでいる時期もありました。

そんな時に趣味を通じて10年来のお付き合いのある先輩から色んなアドバイスを貰い、大学は情報処理を専攻する事にしました。大学での生活はアッと言う間に過ぎて行き、就職活動が始まる頃は自分で色々な企業の資料を集め、インターネットで情報収集をしていました。その中でいくつかの企業に興味を持ちました。

冒頭に書いたように子どもの頃から鉄道が好きで、その関連企業の中に株式会社アドバンストラフィックシステムズの事を知り色々と調べました。アドバンストラフィックシステムズ社は、JRグループのIT担当企業として新幹線の設備管理システム、JRの収入清算システム、日本旅行のシステムなど高度な業務知識ときめ細かな管理を必要とする大規模システムの開発から運営を行っている企業です。大学で自分が専攻していた事が活かせるところもアドバンストラフィックシステムズ社に興味を持った理由です。

幸いな事に、卒業生2人がアドバンストラフィックシステムズ社に入社実績があった事により、お話を直接聞く機会がありました。

アドバンストラフィックシステムズ社は、 JRの旅客販売総合システム、みどりの窓口でのオンライン座席予約や販売システムを手掛けているのを始め、JRの乗車券や定期券など私たちの身近な部分のシステム管理もしている会社で、その他にもJRの新幹線、在来線を時間どおりに安全に動かすさまざまなシステム、列車ダイヤに関連するシステムや保安システムなど鉄道に精通したトータルなソリューション力を発揮しているのが、アドバンストラフィックシステムズ社のようです。

卒業生の方が実際アドバンストラフィックシステムズ社で勤めて感じた事を教えてくれました。それは、人材育成の部分だそうです。大学で情報処理などを専攻していても実際の業務とはかけ離れている部分もあると思いますが、一人ひとりの適性をしっかり見極めたキャリアパス制度があるので安心して働く事が出来るようです。

その他、コミュケーション力、マネージメント力などの様々な研修にて人間力の向上を図る人材教育体制が整っている企業だと説明を受けました。実際にこちらの企業に就職が叶うかはまだわかりませんが、残された時間で少しでも就職できるよう努力していきたいです。

最後に色々なお話を聞かせて頂いた卒業生の方々に感謝申し上げます。

株式会社アドバンストラフィックシステムズ
http://www.atrasc.co.jp/corp_info.html

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る