記事の詳細

株式会社ウィザスは幅広い事業を展開しており、業績は安定しにくいと認識される方も多いはずですが、数多くの事業を展開しているのにも関わらず、自己資本比率が戻っているのは大いに評価されるポイントです。第34期には自己資本比率が31.1だったのに対し、35期になった時には28.0まで下がってしまいました。しかし、第38期には30.7まで戻しており、業績もそれに伴い良くなっていっています。

労働組合は、労働者が主体となって構成されている限りは、労働者以外の者がいても問題はありません。つまり、構成員の主体が労働者であれば主婦や学生といった者が構成員に入っても良いです。また、失業者も労組法上は労働者として考えられます。労組法上では事業場で使用されている必要がありますが、労働基準法で労働者には該当しないものの、労組法上では労働者として該当するケースがあります。

ウィザス 労働組合
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ140DQ_U4A510C1TJ1000/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る