記事の詳細

東進MSGでは映像授業の特性を活かして学校の進度より東進の進度が先行するカリキュラムを組んでいます。これが何よりの定期テスト対策になります。初めて学ぶ内容は、まず東進MSGで予習。学校の授業は2回目なのでしっかり理解できます。テスト勉強で3回目の学習。余裕を持って対策できるでしょう。試験前には試験範囲の授業を再受講という形でもう一度受けることもできます。その他わからないところや質問には教室のスタッフや学生アドバイザーが答えてくれます。

そして東進MSGでは分かったつもりにならないように、授業後に授業のポイントが理解出来たかどうか確認テストでチェックし、合格したら次のステップに進みます。これをパーフェクトマスターと呼んで知識の習得と定着に重点を置いています。

全部の授業が終了したら講座修了判定テストがあり、自分の弱点を復習して受験をします。講座を修了するためにはこのテストに合格しなければならない(修了した後でも、復習するためにこのテストを再受験することも可能です)ので、不安な箇所を残さず、志望校合格へ向けて実力をつけて行く事が出来ます。

東進MSGには受験に必要な範囲をひと通り学習する通期講座、苦手分野を克服する為の短期集中の講習講座、効率的に基礎を身につける為のパソコン/スマホを活用した高速基礎マスター講座、答案作成力を磨く為の志望校対策特別講座、過去10年分の過去問演習講座など色々な講座を用意して、限りある時間を効率よく使って行けるように考えられています。

以上の学習を支える1つに「担任指導」があります。東進MSGでは合格した先輩大学生などが担任になり、合格指導面談をしてくれます。担任はひとりひとりに一番合った学習方法をアドバイスする為に個人の年間のロードマップを作り、志望校合格に向けてスケジュールを立てて行きます。これにより受験生の精神的負担が軽減され、学校・部活との両立や受験への悩みや不安も担任に気軽に相談が出来て、やる気が持続できるようになります。

もう1つ利用したいのが「東進模試」です。東進MSGでは志望校合格までの問題点を分析・把握し対策を立てるのに最適な東進模試があります。この模試は全国規模で行われる本番レベルの模試であるため、受験者の母数が多く、よりリアルな偏差値や合格水準が見えてきます。
東進模試の特徴は絶対評価・相対評価の連続模試という所です。具体的な数字を提示されることにより、自分の学力を正確に把握出来るのです。
模試受験後には合格指導解説授業が有名実力講師陣によって行われます。解けなかった問題も次からは解けるように徹底した解説・指導がされます。

以上の学習方法とその他の学習支援システムを利用したいのであれば東進MSGが最適だと思います。

東進MSG
http://www.t-msg.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る