記事の詳細

現代社会学部って?

筑紫女学園大学に2015年4月,現代社会学部が新設されます。

この学部では,既存の社会学に現代的なテーマをプラスし,現代社会に沿った新たな学問を学ぶことができます。社会学の根幹をなすのは「現在」起こっている「現象」への興味です。現代社会学部で扱われる専門領域の「ビジネス社会」「メディア社会」「環境共生社会」は,現在社会で起こっている現象・潮流を社会学の視点から切り取ったものであり,現代社会を俯瞰するうえで重要なテーマです。これらの領域について,理論的理解と緻密な観察を通して理解を深めていくことを目的としています。

教育の特徴として,講義中心の授業だけでなく,フィールドワークといった実践的な授業を取り入れていることが挙げられます。社会学の学問的特徴として,観察を重視する点が挙げられます。これによって時代に鋭く切り込み,現代社会への理解を実際的に深めることができます。

また,学生自身の実践を重視し,深い洞察から理解へ,そして実生活への応用を促す目的もあります。現代社会で自立した一人の人間として生きるためには,ただ知識を身に付けるだけでなく,きちんと自分で咀嚼し,応用していく能力が必要です。大学での教育の目的は,ただ知識を増やすことにとどまらず,自分自身で成長していく底力を付けることにあります。「魚を取ってあげるだけでなく,魚を取る方法を教える」という教訓がありますが,現代社会学部の教育はまさに「魚を取る方法」を教えることを目的とするものです。このような底力は,卒業した後であっても人生を歩むうえで必ず役立つものとなるでしょう。

現代社会学部にはどんなコースがあるの?

筑紫女学園大学現代社会学部には,3つの専門コースがあります。

「ビジネス社会コース」は,ビジネスの観点から社会を取り上げるものです。現代社会を動かす動力源となっているビジネスは,カネや情報といった様々な資源を実際に動かす役割を担っています。また,ビジネスが包括する組織は,それ自身が動力源であるとともに動かされる資源としての役割も担っています。複雑化した社会の中で,これらの現象について理解することは不可欠です。「ビジネス社会コース」では,ヒトやモノ,カネの流れと組織の動き,そしてそれを実際にどう動かしていくかについて理解を深めることを目的とするコースです。

「メディア社会コース」は,メディアの観点から社会を取り上げるものです。情報化社会といわれる今日,最重要資源である情報を伝達するメディアは社会の血液ともいえます。社会的意義が大きいメディアへの洞察を深め,また実生活への影響を考察することで,メディアとの正しい付き合い方を十全に理解することが可能となります。また,メディアとは切っても切り離せないポピュラー文化についても多面的に観察していきます。

最後に,「環境共生社会コース」は,現代社会の大きな課題である人間と環境の共生を大きなテーマとし,両者のかかわりを考えていきます。これらのテーマは現代社会全体の大きな問題であり,これからを生きる若者にとって必要不可欠な視点でもあります。環境について考えるには,環境問題といった環境側からのアプローチだけでなく,その原因となり,また影響を受ける人間社会側からのアプローチが大切です。「環境共生社会コース」では,両側からの視点を大切に,多面的な見方ができる学生の教育を目指します。

卒業後の就職先やキャリアってどうなんだろう

筑紫女学園大学現代社会学部は新設予定の学部ですので,現在卒業生はいません。しかし,現代社会を扱う学部であり,社会で重要視される実践的・多面的な視点を持った学生を育成することを目的としていますので,その進路も多岐に渡ると考えられます。

例えば,現代社会への視点が不可欠な金融や観光などのサービス業関連分野や,マスコミ・IT関連などのメディア関連分野は,学んだことを直接的に生かすことのできる分野ですし,それだけ就職も多くなるでしょう。

それだけでなく,現代社会学部の教育特徴である実践的洞察を活かすことのできる,企業や学校などの企画・広報担当部署への就職も考えられます。自分で考える力を持ち,社会に新たな一石を投じる能力を持った学生たちは,学問領域にとどまらず,幅広い分野での活躍が期待されます。

社会やメディアに対する理解を深めることで,社会への貢献を志す人も多いと考えられます。よって,卒業後の進路として地域づくりや文化振興といった文化関連分野への就職や,行政担当を選択する人も多くなるのではないでしょうか。現代社会の課題に対して取り組む持続力・実践力を持つことで,実際に世界を動かしていく社会人としての能力が養われていくことでしょう。

現代社会学部で取得できる主な資格として,社会調査士が挙げられます。企業・行政などに必要不可欠な社会調査の実践能力・知識を保証するものであり,どのような職種であってもニーズの高い資格です。もちろん,他の資格も取得可能ですので,活躍の場は社会調査にとどまらず,社会の発展に必ずや寄与・貢献していくことでしょう。

筑紫女学園大学
http://www.chikushi-u.ac.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る