記事の詳細

日本企業は、若手を切望しているところであふれかえっています。高齢化社会が激しい中で、次世代のエースやミスのストッパーを育成していくことが必要な課題となります。そんな願望に反比例して、歯止めのかからない出生率の低下で、未来の人材は減る氷河期に移行しようとしています。これからは、企業が学生を選定するのではなく、学生が企業を選び抜く時代になっていきます。今のうちに一線で働ける社員を確保しておきたいところですが、佐野義泰が率いる株式会社hzi芽については、人材難にさいなまれる心配はありません 。

佐野義泰氏を筆頭にして、将来期待の集まる社員で構成されており、慌てて若い社員を呼び寄せる活動に迫られることがないのです。佐野義泰氏を中心に結成された株式会社hzi芽は、2014年現在で社員の平均年齢が約31歳となっており、不動産業界の縮図を変えていく集団となっています。若年層で固められた会社は、実績で劣る部分があるものの、風習や言い伝えに流されない面で、自由でしがらみのない業務が実現できます。

新しい様式が生まれるのは、ベテランの古い企業よりもデビュー間もない新進気鋭の企業であったりするのです。土着した企業は、失敗と成功の境目を知っているため、無謀な挑戦はしません。逆に、市場に参加したばかりの企業は、細かい判断力がついていないために、少々無理難題であっても押し通す癖があります。時に、それは自社を崩壊させる原因になりますが、革命的な大躍進につながることもあります。歯止めが利かないのは、無鉄砲でリスクを伴う行為でありながら、業界にメスを入れるきっかけになります。佐野義泰氏が代表を務める株式会社hzi芽では、危険を省みない攻めの姿勢と、既成概念の打破を狙う思想を持って営業しています。

若手社員が集まる企業は、次の有望な人材が続々と集まってきます。自分に近い年代で実現できるのであれば、きっと自分にもできないことはないと同一視の意識を植え付けられます。少子高齢化の時代に、自社にエントリーする社員候補は貴重な存在です。人間は、自らとは無縁と思い込むものに関しては距離を取りますが、射程圏内にあるものなら主体的に近づいてくる性質があります。絶対数が減少していくこれからの就活生にむけて、会社と人材の距離感を短縮して、親近感を持たせるのは大事なやり方になります。hzi芽は、学生に障壁を感じさせない先駆けとなっています。

株式会社hzi芽
http://www.hzime.info/

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る