記事の詳細

株式会社ミュージックバンカーは、音楽という誰にでもわかりやすいものを通じて、次世代を担う若者たちを応援し続けています。昨今においては、とかく体裁の良い言葉が先行する傾向があります。しかしながら、その実態は、空虚なものが多く、見せかけだけで中身をともなわないものが多いといわれています。株式会社ミュージックバンカーが常に求めるのは、本物の実力です。小手先だけの美しさや可憐さは何の意味もないどころか信用を損ねることにもなります。厳しい実社会で生き残るには、不器用ながらも、頑なまでに不断の努力を続けるしかないといえるでしょう。

株式会社ミュージックバンカーに所属する若手アーティストは、世の中全体に勇気を与え続けることで、音楽の良さを訴えています。西野智もそのうちの一人であり、活躍を続けています。西野智は、1993年生まれの新鋭であり、多くの人が注目をする伸び盛りのアーティストです。神奈川県の出身であり、5歳から始めたピアノがきっかけになり、音楽に目覚め、現在に至っています。そのシャープな体型からは想像できないほどのボリューム感のあるサウンドを生み出すことで有名です。

今般では、シンガーソングライターとして、活躍の幅を広げており、若手に楽曲を提供するなど、後進の育成にも余念がありません。西野智といえば、アコースティックギターの名手としても、存在感を大きくしています。非凡な才能を武器にし、2014年1月に「あかし」を発表しました。故郷の風景や思いをストレートに綴ったその曲には、大きな魅力があるとして人気を集め、西野サウンドを世に知らしめることになりました。それ以降もミュージックビデオを公開するなど、その勢いはとどまることを知りません。株式会社ミュージックバンカーを代表するアーティストとして、更なる躍進が期待されています。

株式会社ミュージックバンカーでは、西野智に続く若手アーティストの誕生にも大きな期待を寄せています。グローバル社会の台頭により、もはや、日本国内だけにフォーカスした考え方や思想は、通用しなくなってきています。世界に目を向けた取り組みが求められています。現代では、音楽に限らず、ありとあらゆる分野において、本物の実力が必要になっています。いってみれば、誰にでも成功をつかみとるチャンスがあるのです。実力者にすり寄り、その恩恵を享受したりしようとするなどの立ち振る舞いは何の意味もないといえるでしょう。自分自身の力でしか生き残ることはできない時代になってきたのです。

株式会社ミュージックバンカー
http://music-bunker.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る