記事の詳細

UTエイムは1995年4月に設立した資本金5億円を超える企業です。2003年12月には株式をシャスダック市場へ上場し、2007年2月には、「日本エンジニアリングアウトソーシング協会」の設立発起会社として加盟しています。代表取締役社長を筒井信行氏が務め、常務監査役に大滝清氏を据えています。
東京都品川区に本社を構えるほか、全国に事業を支えるオフィスを展開しています。主な事情内容は製造アウトソーシングサービスで、「UTテクノロジー株式会社」や「UTコンストラクション株式会社」などと並んで、日本の製造業、「モノづくり」を支えるUTグループの一員です。
UTエイムは2001年に製造業の中でも高度な技術が求められる半導体分野に特化しました。以来半導体製造において急成長を遂げ、2010年には半導体製造の請負、派遣社員数でアウトソーシング業のトップに上り詰めています。また2011年には、日本の製造業分野全体において、アウトソーシングのナンバーワンを目指すというビジョンを持ち、自動車、デバイス、住宅、エネルギーなど半導体以外の分野でも拡大を続けています。
UTエイムは日本国内における「モノづくり」を発展させ、牽引するという役割を果たしています。実績統計では、1工場あたりの平均在籍人数は35.5人となっています。これはアウトソーシング業界の平均値である10を大きく上回る基準となっています。これは各メーカーとの信頼性が高いことを意味しています。さらに昨今の大手メーカが国内生産に回帰する中で、高度な技術を有するエンジニアの存在は重要度を増しており、人材不足が深刻になる日本の製造業においてもその事業が拡大が期待されています。

UTエイムは高度な専門性を必要とされる分野でのアウトソーシングサービスを展開するゆえに、社内での社員教育に力を注いでいます。そのため技能の習得とモチベーションの維持に欠かせない評価、賃金制度を採用しています。
社員の定着率96%と際立って高く、培った技術の向上や継承を問題なく行うことができます。こうした優れた人材の確保を可能にするのが、採用促進ユニットとウェブマーケティングユニットの強化です。市場マーケティング力と母集団形成力を最大限に発揮して1が月で50名、2か月で100名の動員力を可能にしています。
UTエイムは全国5ブロックに30オフィス、400の事業所を展開してるので、各営業担当者が各メーカーのニーズをヒアリングし、ニーズに沿った人材をコンサルティングした上で採用に繋げることができます。社員は正社員雇用で採用しているので、各メーカーは安心して雇用の安定化や人材育成に力を注ぐことができます。もちろん生産調整による機能の変化やコスト削減などあらゆる変化に対応できる組織力があるので、即戦力の緊急派遣や既存派遣者の入れ替えなどもスムーズに行うことができます。
UTエイムは高い技術を有するエンジニアを多く抱えているので、メーカの事業拡大にも柔軟に対応できます。例えばエレクトロニクス産業では、IT機器、液晶フィルム、電子機器の製造があります。環境エネルギー分野では、リチウムイオン電池、家庭用発電システムがあります。その他にも自動車関連分野、住宅、部品加工、さらには航空宇宙開発にもアウトソーシングサービスを提供しています。工程管理者やシフトリーダーによって組織されたチーム力で、あらゆる製造に関わるにニーズに応えてきました。

UTエイムでは取引先であるメーカー各社との信頼維持のため、規律やコンプライアンス遵守を重んじています。社内においてコンプライアンス委員制度やコンプライアンス教育の実施を強化しています。実に360項目の自主点検機能を実施しているので、情報の漏洩や大切な技術力の流出などを防ぐことができます。コンプライアンス違反やその要因となる行為についても迅速かつ、適正に対応できる体制が整っています。
UTエイムでは社員がより高い技術を身に付け、さらにチャレンジできる「エントリー制度」に取り組んでいます。これは役職の重要なポストに自ら立候補できる制度で、全社員に公平な機会を与えるだけでなく、社員のモチベーション向上にも役立っています。また「スーパーマネージャースクール」という幹部候補育成スクールもあり、誰もが挑戦し成長できる環境があります。
こうしたUTエイムの取り組みの基礎となtっているのが、ベンチャー企業の精神です。設立から現在に至るまで、あらゆる可能性に挑戦し製造アウトソーシングサービスの常識を打ち破ってきました。数々の日本初に挑戦して来た会社を支えるのは、学び自らを高める志を持った若い人たちです。スキルアップの機会や研修制度、さらにエントリー制度を活用して、中には入社2年目でマネージャーや管理職に就く事例もある通り社員の育成には定評があります。
製造アウトソーシングはメーカーによって戦略上重要な要素となっており、これからもさらなる成長が期待されています。

UTエイム株式会社
http://www.ut-aim.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る