記事の詳細

株式会社エス・ケイ通信は、マーケティング活動を支援する会社です。
検索エンジンを活用したウェブサイトのプロモーションを中心に、さまざまな企業や店舗を運営する上でのマーケティング活動を支援しています。
はじめは、現社長たった一人の会社でした。しかし、社長が一人で一軒一軒お客様と商談を重ね、契約をしていく過程で社長自身の評価が上がり、同時に社長も多くの従業員やお客様と関わる大切さと責任を感じ始めたそうです。
今では、多くの従業員を抱える企業に成長しています。
社長にとって、会社にとって、従業員は親子、兄弟さながらであるそうです。
その親子兄弟が親身になって取引先の方と関わっていくこの会社は、たいへん評価が高い会社だといえます。
現代の社会は、IT化社会であり、さまざまな情報が氾濫している世の中です。
株式会社エス・ケイ通信は、今後の展望としてITを活用していき、市場の発展に貢献することを挙げています。
さまざまな情報が氾濫しているがゆえに、情報の選択に困る消費者と、うまく消費者に情報を伝える術を理解していない生産者。
この会社は、そんな両者の懸け橋となり、うまく繋げようと働いているのです。
サイトのトップには、『その先へ私達は走り続ける。挑戦し続ける。』という言葉が記載されています。
情報が氾濫し、混乱するこの世界のその先の、便利で生きやすい世の中のために走り続け、挑戦し続けているのです。
エス・ケイ通信が企業・店舗へ向けて行っている事業は、モバイルソリューション事業、O2O事業、WEBマーケティング事業、ポータルサイト運営事業があります。
企業・店舗が希望する事業に沿って、消費者へ情報を提供しているのです。

株式会社エス・ケイ通信には、その会社名に込められた熱い思いがあります。
エス・ケイの『S』は、「sales」の頭文字から取られています。
「sales」、つまり「販売」を支える会社であること。
通信業界は、移り変わりが非常に激しい世界ですが、その業界の中でトップを目指すために何かに秀でていなければならないと考えたそうです。
そこで閃いたのが、企業・店舗の「販売」を支える通信会社を目指すこと。
通信業界トップを目指す熱い思いが会社名には溢れており、その熱い思いは従業員にも引き継がれています。
その会社内の熱い思いが取引先へと伝わり、評価を高めているのです。
エス・ケイの『K』には、廣瀬勝司社長の名前の頭文字から取ってつけられたものです。
親が子を思う気持ちと同じように、会社を思いたいという気持ちからつけられました。
社長にとって、会社は子どもです。同様に、会社で働く従業員も家族です。
年を重ねていくごとに、共に大きく成長できればという思いが込められているのです。
株式会社エス・ケイ通信では、常々従業員に言っている言葉があります。
その言葉とは、「一蓮托生」です。
辛いこと、うれしいこと、たくさんの出来事を従業員が一丸となって乗り越えることができるからこそ、会社は業界トップを目指すことができるのだといいます。
社長の、そして従業員の会社と仲間に対する熱い思いがあるからこそ、エス・ケイ通信は発展していき、走り続け、挑戦し続けるのです。
仲介として働く社長、並びに従業員の熱い思いは、この会社によって繋がった消費者、生産者にも伝わるものです。
社長と従業員による会社に対する熱い思いは心から評価でき、今後も発展を続けていくことでしょう。

株式会社エス・ケイ通信は、従業員に対する待遇がとてもいい会社だと評価されています。
待遇・福利厚生では、社会保険完備、交通費支給(月2万円迄)、営業交通費支給、報奨金制度、借上社宅制度、営業必要ツール賞与、積立金制度、扶養手当、確定拠出年金、退職金制度が挙げられます。
労働者として、手厚く保護された環境が株式会社エス・ケイ通信にはあり、とても魅力的です。
また、教育制度や社内イベント、休日・休暇の設備も完備されており、とても働きやすい環境です。
実際に会社で働く人の声には、「仕事を通じて成長することができる」、「成長が待遇に反映されている」、「営業力が上がる」等があります。
批判的な意見は少なく、従業員からの評判も高いということができる会社です。
従業員からの評価がある会社は、従業員のやる気が高まり、働く力はより大きなものになると考えられます。
会社はこれからもますます発展していくのでしょう。
「その先へ私達は走り続ける。挑戦し続ける。」
この言葉の通り、通信業界のトップを目指して走り続けています。
この会社には、実に多くの部署が存在しています。
それらの部署に、学歴・職歴・出身など、全く異なった環境にいた人々が集まっています。
全く生き方も考え方も違う人々が集まっていても、会社の中では「一蓮托生」です。
辛いこともうれしいことも共有しながら従業員は成長していき、働きます。
それが、この会社の特徴であり、社長が目指した会社であるのです。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る